トップ  >   リサーチラボ  >   最新トレンドボックス  >   【ロシア】ソチに仕切りない「ツイントイレ」、五輪記者の間で話題に

リサーチラボ|最新トレンドボックス

 
  • 【ロシア】ソチに仕切りない「ツイントイレ」、五輪記者の間で話題に

    終盤にさしかかってきたソチオリンピックにて開会目前時に衝撃的な「ツイントイレ」の写真が相次いで見つかりSNS上などでアップされ話題を呼んでいる。そのたびにロシア側は“たまたまだ”や、“倉庫へ改装が予定されていたため壁を取り外した”などと発言しているようだが、次々と発見されることでその発言に矛盾を感じてしまう人も多いのではないだろうか。

    この写真を初めて見たときは、何のおもしろ画像なのだろうと思い一瞬理解が出来ず、記事を読み進めるうちに本当に実在するものとわかり本当に驚いた。改めて、「国が変わればトイレも変わる」を実感した。
    私がアメリカに居た頃の公衆トイレは日本の公衆トイレのドアが地面スレスレまでに設置してあるのに比べてドアの下の隙間がとても広く少しドキドキしたことを覚えている。恐らくこれは日本の従来のトイレが和式トイレでしゃがむためだと推測している。もともと洋式トイレのアメリカはそこまで隠す必要がないのだ。
    また、アジアの国々ではインフラ設備が不十分で水洗トイレでも紙は流してはいけないところも多い。これまでいろいろな国に訪れたが、日本以上のトイレの設備を兼ね備えた国は見たことがない気がする。
    余談ではあるが、ピクサー映画の「カーズ2」ではデフォルメされてはいるがシステマチックな日本のトイレを見ることができる。

    欧州・ロシア・CIS|ロシア|2014年02月18日

 
PAGETOP