トップ  >   リサーチラボ  >   海外リサーチの現場から  >   Xmas in New York、商戦好調で街中に熱気

リサーチラボ|海外リサーチの現場から

Xmas in New York、商戦好調で街中に熱気

北中南米|米国|2019年12月23日

 アメリカではクリスマス直前の土曜日をSuper Saturdayと称して、年間で最も消費が行われる日として知られる。National Retail Federationによれば、この日1日だけで1億4780万人(延べではなくユニーク数)が買い物するという。
 冬のセールの幕開けとしても知られる11月最終木曜のThanksgiving、その次の日のBlack Fridayから週明けのCyber Mondayまでの5日間での1億8960万人と比較しても、このクリスマスシーズンの熱気がうかがえる。2019年のThanksgiving消費は過去最高の売り上げになったと各種小売企業が表明した。

11月に入ると、早くもクリスマス気分

Rockfeller Center前のスケートリンクとクリスマスツリー

Rockfeller Center前のスケートリンクとクリスマスツリー

 消費も気分も盛り上がるクリスマスシーズンの始まりは、11月最終木曜日のThanksgivingから週末をはさんだ12月に入った時といえる。一気に街や人々がクリスマス気分にスイッチしていく様子が感じられる。
 ニューヨークで有名なRockefeller Center(Plaza)のクリスマスツリーも2019年は11月9日に設置され、同月13日には木の頂点にスターが冠されるものの、そのままじっとThanksgiving明けを待って、12月4日に満を持して点灯された。それは、こうした街中のデコレーションに限らず、やはり多くの人が11月に入るともうクリスマスを意識し始めてはいるが、Thanksgivingが終わるまでじっと待っているという感じだ。

 Rockefeller Centerにクリスマスツリーが置かれるようになったのは80年以上前だが、最も古いわけではない。同じくニューヨーク・マンハッタンのMadison Square Parkにある“Tree of Light”が、1912年12月21日にアメリカで初めての公共のライトアップされたクリスマスツリーという。

街中のいたるところにツリーやオブジェ

 街中のビル群のロビーにはクリスマスツリーが置かれ、外にはクリスマスのオブジェが並ぶ。公園や広場にもクリスマスツリーやアイスリンク、ホリデーマーケットが開かれる。Bryant ParkのBank of America主催のWinter Villageは、中央の入場料無料のアイスリンクを囲むように各種の出店やバーが並ぶ。またUnion SquareにはcitiがスポンサーのHoliday Marketが開かれている。

6th Avenue沿いにあるビルの外にあるオブジェ

6th Avenue沿いにあるビルの外にあるオブジェ

沿道でツリーの生木を販売

Bryant Parkのアイスリンクとクリスマスツリー

Bryant Parkのアイスリンクとクリスマスツリー

 少し中心街を離れた、住宅地のほうでは、クリスマスツリーの生木が売られているのだが、沿道にずらっと並んでいる様子は日本では想像しにくい光景だ。引きずって持って帰るか、担いで持って帰るか、車のボンネットの上に縛り付けて持って帰るのが一般的。ちなみに持って帰る道中は、通りすがりの見知らぬ人達から「Nice tree!」といったように半ばからかいのような褒め言葉を声掛けられる。
 ちなみにクリスマスツリーと言うとモミの木というわけでも、決まった一種というわけでもなく、使われる木は実は何種類もある。Fir(モミ)、Pine(松)、Spruce(トウヒ)、Cypress(ヒノキ)、Cedar(杉)の中でさらに細かく種類が分かれており、こだわりがある人はそこから好みによって選ぶ。最も有名な種類は、Balsam FirやFraser Fir、Douglas FirなどだがNorway SpruceやVirginia Pineも好まれる。

沿道で売られているクリスマスツリー

沿道で売られているクリスマスツリー

 クリスマス気分満開の様子を感じられるイベントがもうひとつある。12月第3金曜日の、National Ugly Christmas Sweater Dayである。派手な色やプリントの“ダサい”セーターをみんなで着るのだが、チャリティイベントとしてであったり、単にみんなで楽しむというイベントであったりする。
 アメリカではHalloweenや緑色の服を着る(もしくは何か緑色のものを身に着ける)St. Patrick’s Dayなど洋服にまつわる祭りが多いので驚かないが、全身全力でシーズンを楽しむ米国人を見ると恥ずかしがっていてもつまらないだけだなと、うずうずとしてくるから不思議だ。
              (ニューヨーク駐在 上出篤)

関連ページ

・米ニューヨーク、超高層ビルの建設ラッシュで変わる景色
https://gmc.nikkei-r.co.jp/features/overseas_detail/id=1123

・ニューヨークの子供の夏休み、高額のサマーキャンプに驚く
https://gmc.nikkei-r.co.jp/features/overseas_detail/id=1091

・【世界の統計局】米国
https://gmc.nikkei-r.co.jp/stat_area/?search_ext_col_01=02&topics_ext_options_search=1#area248

 
PAGETOP