トップ  >   プログラム  >   世界の街角ライブラリー  >   ロンドンのシェア自転車

プログラム|世界の街角ライブラリー

ロンドンのシェア自転車

峰松 愛

イギリス・ロンドン(在住歴23年)

プロフィール詳細

欧州・ロシア・CIS|英国|2018年07月11日

 ロンドン交通局の公共シェアサイクルサービスがスタートして8年。シェア自転車がロンドン中心部の移動の足として、すっかり定着してきた。昨年からはスマホのアプリで利用できる「どこでも乗り捨て可能」な新型シェア自転車も登場し始め、今後、都心で色とりどりのシェア自転車を見かける機会が増えていきそうだ。

シェア自転車の先駆け「ボリス・バイク」

ボリス・バイクことSantander Cyclesの専用駐輪場

ボリス・バイクことSantander Cyclesの専用駐輪場

 ボリス・ジョンソン前ロンドン市長時代の2010年に導入され、ロンドンの自転車シェアリングの先駆けとなった通称「ボリス・バイク」。2015年にサンタンデール銀行がスポンサーになってからの正式名称はSantander Cyclesで、シンボルカラーは赤。年々サービスエリアが拡大しており、現在は都心部全域に750以上の専用駐輪場(Docking station)が300~500m間隔で設置されている。自転車総数は11,500台余りに及ぶ。気になる自転車レンタル料は24時間で£2(約300円)。駐輪場から引き出して30分以内の走行は無料だが、30分以上なら超過料金が30分ごとに£2かかる。時間単位ではなく、年会費£90での乗り放題利用も可能だ。

 「ボリス・バイク」普及の要因としては、交通渋滞の都心で小回りが利いて裏通りも走りやすい自転車の利点に加え、自転車の盗難や破損被害の多発から、ボリス・バイクに切り替える自転車通勤・通学者が増えてきたことも挙げられる。また、観光の足としても活用されてきている。

乗り捨て可能なシェア自転車の登場

駅前駐輪場に乗り捨てのUrboバイク。利用は30分で£0.50と安め

駅前駐輪場に乗り捨てのUrboバイク。利用は30分で£0.50と安め

 専用駐輪場での駐輪が必要な「ボリス・バイク」に対し、昨年からロンドンで出始めた乗り捨て可能なシェア自転車は、中国系のMobikeとOfo、アイルランド系のUrboなど。

 現在、オレンジカラーのMobikeが都心の金融街シティのほか、西ロンドンのEalingなど6区で、黄色のOfoバイクも同じくシティと東ロンドンのHackneyや南西部のRichmondなど6区で、グリーンのUrboは北東部のWaltham Forestなど3区で事業を展開している。

 都心の一部を除き、各社ともまだ郊外地域限定の試験段階で自転車台数も少なめだが、「ボリス・バイク」よりも利用料金が安く、駐輪可能な場所にどこでも停められて乗り捨て可能なのが魅力である。地域の足として定着し、都心部でも拡大するかは、今後の展開次第だ。

気がかりな道路の安全性

 盗難の心配無用で手軽に利用できるシェア自転車だが、気がかりなのは走行時の安全性。イギリスでは自転車は例外なく歩道を走れず、車道を走らなければならないため、車との接触事故や左折時の巻き込み事故が後を絶たない。自転車レーンはまだ少なく、交通の激しい大通りやイギリス独特の環状交差点(roundabout)を車とともに走り抜けるのはかなりの難易度で、車の少ない裏道以外、気楽に自転車で走れないのが実情だ。

 現在、ロンドン都心部から郊外への主要道路でCycle Superhighwayと呼ばれる自転車レーン完備のルートが整備されつつあり、また郊外の住宅街地域で自転車優先道も増え始めている。今後一刻も早く自転車レーンが拡充されて、シェア自転車もより安全に利用できるようになることを望みたい。

車の合間をぬって走るサイクリスト

車の合間をぬって走るサイクリスト

 そんなロンドンで、最後にご紹介したいのが、夏恒例のサイクリング・イベント「Prudential RideLondon」。広域ロードレースのほか、FreeCycleと銘打った自由参加イベントでは、バッキンガム宮殿やセント・ポール大聖堂など観光名所を結ぶ都心の主要道路が自転車天国になり、サイクリストに開放される。今年は7月28日(土)に開催予定である。ロンドンの大通りを自転車で存分に走れる絶好の機会を、シェア自転車の利用でお見逃しなく。

出典

・Bike Share Map (London)
http://bikes.oobrien.com/city/london/

・Prudential Ride London: FreeCycle
https://www.prudentialridelondon.co.uk/events/freecycle/

峰松 愛

イギリス・ロンドン(在住歴23年)

 
PAGETOP