トップ  >   プログラム  >   世界の街角ライブラリー  >   ヤンゴン市が電子決済システム導入決定も、入札取り消しで開発は振り出しへ

プログラム|世界の街角ライブラリー

ヤンゴン市が電子決済システム導入決定も、入札取り消しで開発は振り出しへ

板坂 真季

ミャンマー・ヤンゴン(在住歴5年)

プロフィール詳細

アジア・オセアニア|ミャンマー|2018年06月25日

 電子決済が当たり前の中国に隣接していながら、ミャンマーはいまだ大きな額の商取引においてさえ現金決済が幅を利かせている。そのようななか、ミャンマー最大の都市ヤンゴンで電子決済システムの導入が決まり、去る1月には入札を行い業者も決定した。しかし、順調な滑り出しとはいかないようだ。

銀行不信から進まない口座開設

 ヤンゴンのクレジットカードや銀行口座などの金融事情については以前、「現金決済国ミャンマーにクレジットカードが誕生」(2016/10/19公開)でも紹介したが、歴史的経緯から銀行への信頼度が極端に低いミャンマーでは現金決済が主流で、銀行口座のあることが前提となるデビットカードやクレジットカードがなかなか普及してこなかった。
 そのようななか、今年の初頭、ヤンゴン市は市内の路線バスシステム「ヤンゴン・バス・システム/Yangon Bus System(YBS)」に電子決済システム「ヤンゴン・ペイメント・サービス/Yangon Payment Service(YPS)」を導入することを発表した。

ヤンゴンの路線バスは市内の隅々まで行き渡っている

ヤンゴンの路線バスは市内の隅々まで行き渡っている

バス路線改定で乗換えが増え、運賃が実質値上げへ

「仮の」運賃箱を設置してすでに1年以上

「仮の」運賃箱を設置してすでに1年以上

 ヤンゴン市民の足はもっぱら路線バスだ。そのバスのシステム改定が2017年1月に実施されたが、それにより利用者にとって深刻な問題となったのが実質的な運賃の値上げだ。低所得者層が多く住むヤンゴン郊外から市街中心部の職場までバス1本で行けたのが、改定後は2~3回の乗換えを要するようになった人が多い。労働者が多いダウンタウンの渋滞解消をねらい、郊外からのバスはダウンタウン手前でいったん終点となるよう路線を組んだためだ。また従来は、乗り降りごとに運賃を払うシステムだったため、1日の通勤費用が数倍に跳ね上がってしまった。
 市側としては、もともと乗換え回数にかかわらず距離に応じた運賃を徴収するカード決済システムを導入する予定だったため、「導入までの仮の措置」と釈明し、運転席横に仮の運賃ボックスを設置。しかし、この運賃箱は上部に運賃を入れるための穴があいているだけで釣銭は出ない。そのため釣りが必要な乗客は後から乗り込んでくる客に自分で事情を説明して釣銭を集めるという、世界的にも珍しい「釣銭自助徴収」とでもいうべき状況になってしまっていた。また、運賃に見せかけた紙きれを投入する者、破損した紙幣を折りたたんで入れる者なども後を絶たず、バス会社に少なくない損害を与えていた。

電子決済システムの入札は台湾企業へ決まるも・・・

一部の路線にはプリペイド方式の運賃システムが導入されている

一部の路線にはプリペイド方式の運賃システムが導入されている

 当初「一時的」とされたこの運賃システムだったが、1年以上続いた2018年1月7日になり、やっとヤンゴン市は電子決済システムYPSを導入するための入札実施を発表した。YPSは路線バスのみならず、レストランやスーパーマーケットなどでも利用できるという。
 数日後には、台湾系企業「エクセルケーシー/Excel KC」が権利を獲得したことが伝えられた。同社はクロームブック(Chromebook)の製造元として名をはせ、世界でも指折りのIT企業に数えられる「エイサー/Acer」と提携しており、エイサーの技術力を期待しての発注であった。
 しかし、システム導入時期とされた4月21日、突然エクセルケーシーの入札獲得を無効とする発表があった。エクセルケーシーとエイサーの提携が解消され、エイサーの技術力を期待できなくなったという説明が理由だ。新聞によると、1月時点で最終選考まで残って落選した2社から選定をやり直すという。ミャンマーでの電子決済システムの稼動までは、まだまだ遠い道のりなのかもしれない。

出典

・Excel KC Myanmar disqualified from implementing YPS in Yangon (Myanmar Times, 24 May 2018)
https://www.mmtimes.com/news/excel-kc-myanmar-disqualified-implementing-yps-yangon.html

・New day dawns for Yangon bus system (Myanmar Times, 24 May 2018)
https://www.mmtimes.com/business/24560-new-day-dawns-for-yangon-bus-system.html

関連ページ

・現金決済国ミャンマーにクレジットカードが誕生
https://gmc.nikkei-r.co.jp/features/overseas_detail/id=783

・【世界の統計局】ミャンマー
https://gmc.nikkei-r.co.jp/stat_area/?search_ext_col_01=01&topics_ext_options_search=1#area294

・ミャンマーとカンボジアの日系企業の給与事情
https://gmc.nikkei-r.co.jp/features/column_detail/id=981

板坂 真季

ミャンマー・ヤンゴン(在住歴5年)

ミャンマー在住6年目の編集・ライター&取材コーディネーター。著書に『現地在住日本人ライターが案内するはじめてのミャンマー』(徳間書店)など。

 
PAGETOP