トップ  >   プログラム  >   世界の街角ライブラリー  >   日米のテック系カンファレンス ニューヨークで開催し約300名が来場

プログラム|世界の街角ライブラリー

日米のテック系カンファレンス ニューヨークで開催し約300名が来場

安部 かすみ

アメリカ・ニューヨーク(在住歴16年)

プロフィール詳細

北中南米|米国|2017年06月27日

 ニューヨークではさまざまなカンファレンスが日々行われており、ビジネス、金融、教育...と種類も実に多い。IT系のカンファレンスも人気で、5月上旬には北米各所で行われる「TechSpo2017」も開催されたばかり。

 そんな中、日米のテックシーンをつなぐ「If Conference」(イフ・カンファレンス)が5月18日(木)に行われた。2回目となる今年は、日米の起業家、会社員、学生ら約300名が来場し、日米の起業家や会社役員ら全14名の講演を熱心に聞いていた。

昨年から始まったIf Conferenceは今年2回目。昨年同様、マンハッタンのタイムズスクエアにあるMicrosoftで行われた。

昨年から始まったIf Conferenceは今年2回目。昨年同様、マンハッタンのタイムズスクエアにあるMicrosoftで行われた。

特に注目された3人のキーノート

『Forbes』誌の「広告業界で最もクリエーティブな25人」に選ばれた稲本零氏のスピーチは、特に注目を集めた。

『Forbes』誌の「広告業界で最もクリエーティブな25人」に選ばれた稲本零氏のスピーチは、特に注目を集めた。

 最初のキーノートは、ビジネス雑誌『Fast Company』の共同創刊者、Alan Webber (アラン・ウェバー)氏。同氏は1989年に3ヵ月のフェローシップ・プログラムで来日し、孫正義をはじめとする約300人の起業家らにインタビューを実施しており、当時のちょうどバブル景気に湧いていた日本での異文化体験を振り返った。また「Where do Great Ideas Come From?」(よいアイデアはどこから?)をテーマに、ポラロイドカメラ誕生の逸話などを引き合いにして、アイデアを生み出すヒントについてもシェアした。

 2人目のキーノートとして、世界でもっとも注目されているクリエーティブディレクターの1人で、1年半前にニューヨークで起業した稲本零氏が登場。壇上では「Designers as Entrepreneurs」(起業家としてのデザイナー)と題し、流暢な英語で講演を行った。米企業に就職して言語の壁にぶつかり、複雑なデザインコンセプトを説明するのに大変苦労したという。しかし「なるべくシンプルな言葉で説明することで、どんなに難しい内容でも伝えられることを学んだ」と、異国で誰もが苦労する経験やそこから学んだことを語ってくれたのが印象的だった。

 アメリカで高級ブランド品の下取りサービスをするMaterial World の共同創業者、矢野莉恵氏も登壇し、「The Rise of The Circular Economy 」(循環経済の上昇)と題して英語でスピーチを行った。同氏は、過去20年間でアメリカ人のクローゼットの洋服(購買量)が年間1400万トンと2倍に膨れ上がっており、要因は(1)ファストファッションの台頭(2)インスタント・グラティフィケーション(即可能な購買)が可能になったからと分析。それを踏まえ、価値あるブランド中古品を、低価格&シンプルに提供できるシステム作りに成功した。「下取り料は専用カードに換金され、デパートやブランド店で使える。新品⇄中古と循環するサービスであること、服飾業界に脅威ととらえられないことが大切」と語った。

来場者からはポジティブなフィードバック

 ほかにも、伊藤園USAや島精機USAのアメリカ市場での取り組みや、労働ビザ取得の現状など、興味深い話が飛び交った。来場者は半分以上が日本人で、「昨年よりコンテンツの幅が広がった」「日米の現状を知ることができ、刺激になった」など、ポジティブな意見が目立った。この日のカンファレンスを通して、日本とアメリカのテックやイノベーション、デザインに無限の可能性が広がっていると感じた。

各スポンサーも会場にブースを出した。アメリカ市場ですでに展開している酒メーカーの獺祭も大人気だった。

各スポンサーも会場にブースを出した。アメリカ市場ですでに展開している酒メーカーの獺祭も大人気だった。

安部 かすみ

アメリカ・ニューヨーク(在住歴16年)

編集、ライター歴は日米で20年以上。アメリカでは07年より新聞社に勤務しシニアエディター職を経て、14年に独立。雑誌やニュースサイトで、ライフスタイル、トレンド、グルメ、テックについて連載記事を執筆。2018年2月、NYのトレンド発信地、ブルックリンにフォーカスした、クリエイティブ系の視察や観光などに役立つガイドブック『NYのクリエイティブ地区 ブルックリンへ (旅のヒントBOOK)』(イカロス出版)を出版、発売した。

 
PAGETOP