トップ  >   プログラム  >   世界の街角ライブラリー  >   アメリカでの移動は「Uber(ウーバー)」が当たり前!?

プログラム|世界の街角ライブラリー

アメリカでの移動は「Uber(ウーバー)」が当たり前!?

さやか

主婦

プロフィール詳細

北中南米|米国|2015年01月28日

「Uber(ウーバー)」って?

地図上で自分のいる場所をタップ

地図上で自分のいる場所をタップ

Uberとは、アプリで今いる場所にハイヤーを呼べるサービス。2010年に米サンフランシスコでサービスを開始し、2014年9月現在、世界45ヶ国200都市(内、アメリカは112都市)でサービスを展開中です。

●どうやって登録するの?
スマホでアプリをダウンロードし、名前、電話番号、メアド、クレジットカード情報を登録すればその日から使えます。登録料、会費などは一切なし。

●実際に利用してみよう!
まずはアプリを起動し、地図上で自分が今いる場所をタップ。

乗車位置を送信したら配車の依頼が完了。ドライバーの顔写真、名前、電話番号、車種、車両ナンバー、おおよその到着時間とドライバーの評価が表示されます。万が一評価の低いドライバーにあたってしまっても、無料でキャンセルして違うドライバーに変更することも可能。そのため、ドライバーはみんなとても親切で車両も清潔でBMWやベンツなど高級車も多いです。一方で、ドライバーも乗客を評価しているので、マナーある乗車を心がけないと誰も迎えに来てくれなくなるなんてこともあるかも?
ドライバーが決定したら次は自分の行き先を送信。依頼する前に概算料金の見積りも出せるので、安心。

ドライバーの情報が見れる

ドライバーの情報が見れる

ドライバーが到着するとアプリのお知らせとともに電話もくれるので、屋内で待っていることも可能です。
乗車したら、あとは指定した目的地までドライバーが送り届けてくれます。ドライバーはナビアプリを利用しているので、場所や道をいちいち説明しなくても大丈夫。
支払いはキャッシュレス。事前にクレジットカード情報を登録しているのでカードを見せる必要もなく、急いでいるときや現金がないときでもスマートに乗り降りができます。確定した料金はメールとアプリでお知らせがきます。
また、同乗者もUberに登録していれば自動で割り勘もでき(かなり便利!) 、待ち合わせをしている相手に到着時間を知らせることもできます。

こんなに便利だけど料金は?

事前に概算料金が確認できる

事前に概算料金が確認できる

都市や交通状況にも寄りますがシカゴの場合は、基本料金が安くチップも不要のためタクシーよりも4割ほど(!) 安いです。私はシカゴ在住半年ですが、Uberに出会ってからタクシーは1度も使っていません。日本では高級なハイヤーサービスとして展開中のUberですが、ぜひアメリカ旅行の際は便利で安全なUberを使ってみてください!

出典

・Uber公式サイト
https://www.uber.com/

さやか

主婦

アメリカ・シカゴ在住

 
PAGETOP