トップ  >   プログラム  >   世界の街角ライブラリー  >   日本勢が進出 アートなインドネシアのファッション事情

プログラム|世界の街角ライブラリー

日本勢が進出 アートなインドネシアのファッション事情

irma_bollie

インドネシア在住

プロフィール詳細

アジア・オセアニア|インドネシア|2013年06月10日

インドネシアのファッション産業

インドネシアには多種多様な人々が暮らしており、そのファッションもまた多様性に富んでいる。この多様性が同国を興味深いものにしていると言えよう。インドネシアでは、ファッションは巨大産業だ。観光クリエイティブエコノミー省の2011年データによると、インドネシアにある14のクリエイティブ産業の中で、ファッションは最大の産業であり、GDPにおいて71.9兆ルピア(約7500億円)程度を過去5年間平均で寄与している。インドネシア最大のアパレル小売業者であるMitra Adiperkasa(ミトラ・アディプルカサ)は、同国に90の国際ブランドを展開してきた。ミトラ社は市場のニーズに応えて、昨年9月末までにさらに190の新しい店舗をオープンしている。同社の最新の財務報告書によると、2012年1月~9月期の収益は前年比29%増の5.44兆ルピア(約565億円)、純利益は24%増の2820億ルピア(約29億円)となっている。

無印良品やユニクロに代表されるクールなジャパニーズファッション

インドネシアでは、ジャパニーズスタイルのファッションは、その都度発展してきた。フェイスブック、ツイッターなどのソーシャルメディアもこの発展には重要な役割を果たしている。ジャパニーズスタイルのファッションはインドネシアで拡大傾向にあり、日本のファッションブランドはこの機に乗じてインドネシアに進出してきている。例えば、無印良品は2009年にインドネシアに初出店した。そのシックでミニマリストなファッションスタイルは、インドネシア全土のファッションに敏感な人たちから支持を得ており、今日まで、つまり4年足らずの間に、無印良品はインドネシアに6店舗を出店するまでに至っている。

ジャカルタを中心に展開する無印良品

ジャカルタを中心に展開する無印良品

それに追随するのが、ユニクロだ。ユニクロはインドネシアの中上級層が最も待ち望んでいたファッションラインである。東南アジア数カ国に店舗をオープンした後、ユニクロは満を持してインドネシアに進出した。2月13日に、ユニクロはファッションナイトアウトを開催し、春コレクションを紹介するとともにジャカルタに初店舗を構えることを公式発表した。ユニクロ初のインドネシア店舗は、今年の夏にジャカルタの高級地であるクニンガンにオープン予定だ。販売面積は2680平方メートルにおよび、東南アジア最大級のユニクロ店舗のひとつとなる。

インドネシアでジャパニーズファッションが人気の理由

インドネシアのファッショントレンドにおいて、日本の果たす役割は大きい。数年前から、インドネシアの人々の間では、原宿で見られるような創造性豊かなファッションが「原宿スタイル」と称され話題となっている。このスタイルがとても有名になった主な理由として、数多くのインドネシアのアーティストが原宿スタイルをファッションにとり入れるようになったことが挙げられる。例えば、Duo Maiaはライブでもしばしば原宿ファッションを身に付けている。Duo Maiaは、Maia Estianty、Mey Chan、そしてAgnes Monicaが2008年に結成したボーカルグループで、若くて才能豊かなインドネシアのポップやR&Bのシンガーだ。

インドネシア市場で熱狂的な人気を誇っているのが、最近急成長を遂げているライフスタイル企業(ファッション、食品、飲料、健康関連商品を包括的に扱う企業)のひとつであるMetrox Groupだ。同社はファッション製品に力を入れており、日本人アーティストとコラボレーションを行い、WAKAIのブランドで新しいコンセプトストアをオープンした。WAKAIは、履き心地のよい、カジュアルな靴に特化し、ファッションライフスタイルを提案している。その品質のよさと独特なスタイルで、ブランドはインドネシアで急成長を遂げている。昨年8月にジャカルタに初店舗をオープンして以降、店舗数を増やし、今年の3月には7番目となる店舗をジャカルタ市内のショッピングモールであるグランド・インドネシアにオープンした。

ライフスタイルの提供がWAKAIのコンセプト

ライフスタイルの提供がWAKAIのコンセプト

現地で人気のローカルブランド・Tulisan

Tulisan店内にはバッグを中心にカラフルで緻密なデザインの商品が並ぶ

Tulisan店内にはバッグを中心にカラフルで緻密なデザインの商品が並ぶ

無印良品、ユニクロ、WAKAIとは別に、Tulisanと呼ばれるローカルの“アートショップ”が、最近話題だ。Tulisanでは、限定のハンドメイドのイラストプリントをあしらったバッグ、トート、ファッション、インテリアなどが人気だ。”Tulisan”はインドネシア語で「手描き」を意味する。才能あるアーティストがハンドメイドでストーリーを「描き」、これらのストーリーは、それぞれの製品にプリントされる。新しいプリントや他にはないハンドメイド製品を求める人がターゲットだ。Tulisanでは、機能性がありながらファッション性にも富んだアート作品に出会うことができる。Tulisanが無印良品、ユニクロ、WAKAIなどと違う点は、スケッチのデザインがとても詳細で意味を持つものであり、その製品がファッションにとどまらず、アートにまで広がっていることだ。Tulisanの製品は大衆製品とは一線を画すものであり、顧客は製品を自分だけのものであると感じることができる。Tulisanは2010年にMelissa Sunjayaが設立し、インドネシアの中上級社会で高い知名度を誇り、さらには、アメリカや香港市場にも進出している。Tulisanの製品は女性に向けたものが多く、女性セグメントが大きな比重を占めている。

出典

・インドネシア国内ファッション産業規模
http://www.thejakartaglobe.com/fashion/indonesian-fashion-gurus-unite/497491

・Ministry of Tourism and Creative Economy(観光クリエイティブエコノミー省)
http://www.budpar.go.id/asp/index.asp

・Tulisan
http://www.tulisan.com/chatter/

・Mitra Adiperkasa
http://www.map-indonesia.com/

irma_bollie

インドネシア在住

Freelance travel organizer and translator

 
PAGETOP