トップ  >   プログラム  >   特集 カンボジア、ラオス、ミャンマー  >   エッセイ集  >   ロッテリアオープン

プログラム|特集 カンボジア、ラオス、ミャンマー

ロッテリアオープン

仲井 あすか

株式会社日経リサーチ 国際調査本部 国際ソリューション第1部

プロフィール詳細

アジア・オセアニア|ミャンマー|2013年06月10日

2013年4月、ヤンゴンにロッテリアがオープンした。ミャンマーにはマクドナルドやケンタッキーの店舗はまだない。外資系ファストフード店として初の出店となる。場所はJunction Squareという巨大ショッピングモールの1階。若者が休日におしゃれをして出かける話題スポットだ。

Junction Squareの看板 Asia no.1 LOTTERIA

Junction Squareの看板 Asia no.1 LOTTERIA

店内では韓国ブランドを前面にアピール。韓流アイドル「少女時代」の曲が繰り返し流され、ディスプレイの広告には韓国の俳優が映しだされていた。購入した商品の注意書きも韓国語である。

パッケージの注意書きは韓国語

パッケージの注意書きは韓国語

価格はハンバーガー、ポテト、飲み物のセットで3000~4900MMK程度(ミャンマーチャット、300~490円相当)と日本と同程度。屋台で定番の麺料理モヒンガー(2012年時点で500MMK, 50円程度)と比較すると、現地の感覚ではかなり高い。客層も富裕層の若者が中心のようだ。また、人気のためか売り切れも多く、昼過ぎに行ったところハンバーガーは3種類しか残っていなかった。

客層は富裕層が中心

客層は富裕層が中心

仲井 あすか

株式会社日経リサーチ 国際調査本部 国際ソリューション第1部

2005年株式会社日経リサーチ入社。2009年より国際調査を担当。「ミャンマーの日常ヤンゴン生活者の暮らし 調査リポート2012」を執筆

 
PAGETOP