トップ  >   プログラム  >   特別講義 -専門家に聞く-  >   インドが過去最高タイの92 ロシアは景気底打ち? ブラジルは現在・3ヵ月後とも最低水準

プログラム|特別講義 -専門家に聞く-

インドが過去最高タイの92 ロシアは景気底打ち? ブラジルは現在・3ヵ月後とも最低水準

日経リサーチ

プロフィール詳細

世界暮らし向きDI|グローバル|グローバル|2015年11月05日

日経リサーチが2015年10月に実施した第10回「世界暮らし向きDI」調査の結果がまとまった。現在の暮らし向きDIは、9月に今年4回目の利下げを実施したインドが92と、第6回調査(14年10月)と並ぶ過去最高を記録した。原油安で物価が安定し、都市部では高額商品などの消費が好調だ。ただし、3ヵ月後の暮らし向きDIは68と、第1回調査(13年7月)の65以来となる低水準となった。一方、原油安の“悪影響”や欧米による経済制裁などで景気が低迷するロシアの現在DIは40と低水準が続いているが、前回(15年8月)からは10ポイントの上昇となった。3ヵ月後DIも36で、景気は底を打ったとの見方が出ているのかもしれない。また、今年に入ってGDPが2四半期連続でマイナスとなり、景気後退局面に入ったブラジルは70で、同国としては前回の69に次ぐ低水準。雇用悪化やインフレで消費が低迷しており、6年ぶりのマイナス成長転落は不可避の情勢とあって、3ヵ月後DIは80と楽観的な同国としては過去最低となった。景気が緩やかに拡大しているとされる米国も、現在DIは第1回と並ぶ過去最低の54。ただ、雇用統計など足元の経済指標が予想を下回っているものの、3ヵ月後DIは従来通りの水準を維持している。

3ヵ月後DIでは、投資や生産の低迷で6年半ぶりにGDP成長率が7%を割り込み、景気減速が世界経済全体の懸念材料となっている中国が、第1回の56を別にすれば過去最低の80となった。一方、民間投資の活発化などで世界銀行やアジア開発銀行からも経済の拡大が続くと期待されるベトナムは、まだ今回が3回目の調査だが、82と過去最高となった。

日経リサーチ

株式会社日経リサーチ 国際調査本部

全世界40か国以上での調査実績から貴社の国際戦略をサポート。各国生活者の知見や海外調査のハンドリングノウハウで、最適なマーケティングリサーチをご提案・実施いたします。

 
PAGETOP