トップ  >   プログラム  >   特別講義 -専門家に聞く-  >   日本とあなたの国の食事について㊤(留学生調査)

プログラム|特別講義 -専門家に聞く-

日本とあなたの国の食事について㊤(留学生調査)

日経リサーチ

プロフィール詳細

グローバル生活者|グローバル|2018年12月13日

 日経リサーチは海外各国の文化や習慣への理解を深め、調査を実施するために、Communication Ambassador(CA)と名付けた外国人留学生を組織化しています。所属メンバーは38カ国114名(11月20日現在)に上り、日経リサーチの日々の活動をサポートしています。
 CAメンバーを対象に7月「日本とあなたの国の食事について」のアンケートを実施し、21カ国34人から回答がありました。今回は「日本での食事で困った点」についてのコメントと、タイ人留学生の「自国での食事」を紹介します。

困った①~ランチの時間が短い、メニューが読めない

 注文時の言葉の壁はもちろん、食事の時間や場所にも戸惑いを感じているようです。

 ■ 居酒屋の壁に貼っているメニューが漢字ばかりで、写真もないのでどんな料理かさっぱりわからない(タイ/バンコク)
 ■ 朝食がバラエティーを欠く(香港)
 ■ 料理に何が入っているかわからない(エクアドル/キト)
 ■ 最初はレストランで1人で食事をするのに慣れなかった(ドイツ/ベルリン)
 ■ 職場で急いで食べなければならない。できればゆっくり食べたい(タイ/バンコク)
 ■ ランチの時間が制限されている。ゆっくり食べれられるところを探すのがいつも難しい(アメリカ/サクラメント)
 ■ クレジットカードがなかなか使えない(香港)

 食事をコミュニケーションや憩いの場としてとらえる傾向が強い彼らにとって、時に慌ただしい日本人の食事のとり方はやや特異に映るようです。

困った②~辛さが足りない、コーヒーが苦い

 日本独自の食生活には、やはり戸惑いがあるようです。日本食は世界でも大人気ですが、留学生にとってはややハードルが高いものも!?

 ■ 箸の使い方が難しい(スリランカ/カルタラ、マレーシア/ペナン)
 ■ 日本食は生のものが多く、食中毒のリスクが高い(ナイジェリア/アバカリキ)
 ■ 寿司や刺身は問題ないが、生肉を食べる習慣はインドにはなく、いまだに食べられない(インド/デリー)
 ■ 中華料理店はたくさんあるが、味が違うので、口に合わない場合が多い。結局中華を食べたい時は自炊しかない(中国/杭州市)
 ■ スパイシーと言っても、あまり辛くない(香港、中国/鄭州市、スリランカ/カルタラ)
 ■ 日本の紅茶やコーヒーは苦くて、ストレートで出されることがほとんど。スリランカはどこも砂糖入りで出てくる(スリランカ/カルタラ)
 ■ 日本の特に中華料理店で、ご飯と麺類をセットにすることが多く見られるが、両方とも主食で中国では絶対にない(中国/廈門市)

 海外で目にする日本食に驚いた経験は、多くの方がお持ちではないでしょうか。留学生にとっても、日本風にアレンジされた母国の料理は意外に感じるようです。

困った③~禁忌食品の見分け難しい、少ないベジタリアン用の弁当

 「何でも食べる」日本の食文化とは異なり、海外では食べられない、食べてはいけない食材も多くあります。留学生はそれらを見分けるのが一苦労のようです。

 ■ 宗教的に禁じられている食材・調味料を使っている料理なのか、メニューから判断するのが難しい(タイ/バンコク、インドネシア/ジャカルタ)
 ■ 店員にメニューについて聞いたり、宗教的に肉を抜いてもらうよう頼んだりすると、店の人がパニックになったり、要求が通らなかったりするので、お願いしづらい(イラン/テヘラン)
 ■ ハラル認証(酒、みりん、アルコール、豚肉、肉のエキス、脂肪、ゼラチンなどが入っていない)の食材・調味料を見つけるのが難しい(パキスタン/イスラマバード、インドネシア/バンドン、シリア/ダマスカス)
 ■ コンビニでサラダ以外のベジタリアン用の弁当がないので、自分で作らなければいけない(インド/ジャイプール)

 国際化が進んでいるとはいえ、まだ外国人の立場に立った対応の余地はあるようです。

屋台で朝食~タイ・バンコク

ココナッツで作るパンケーキ<br />
Khanom khrok

ココナッツで作るパンケーキ
Khanom khrok

 続いて、留学生が母国で実際に食べている食事について紹介します。今回はタイ・バンコク出身の女性の食事です。

【朝食(7:00~8:00 am)】
屋台で買って家に持ち帰り、家族もしくは1人でとることが多い
お粥やもち米などが主。パンも食べる

シーフードソースと豚肉ソースに麺を絡めて食べる

シーフードソースと豚肉ソースに麺を絡めて食べる

【昼食(11:00 am~12:00 pm)】
一般的なタイ料理レストランで友人と食べる
ごはんやヌードルなどがメイン

花をあしらったカラフルな生春巻き

花をあしらったカラフルな生春巻き

【夕食(7:00 am)】
昼食と同様、一般的なタイ料理を家族と一緒にとる
家で作るか、外食も

ココナッツを団子状にした<br />
khanom tom

ココナッツを団子状にした
khanom tom

【間食(3:00 pmと8:00 pm)】
職場や家でフルーツやポテトチップス、チョコレートなどを食べる
友達とカフェなどでタイのスイーツを楽しむことも










 

 伝統的な菓子からおしゃれな料理まで、タイではさまざまな料理が楽しまれているようです。今回紹介したほかにも、留学生からたくさんのコメントがありました。気になる国やテーマがありましたら、気軽にお問い合わせください。

<お問い合わせ先>
日経リサーチ 国際調査本部
Tel:03-5296-5151
Communication Ambassador担当
仲井・片岡・榊原

関連ページ

・日本とあなたの国の公共交通機関について①(CA調査結果)
https://gmc.nikkei-r.co.jp/features/column_detail/id=986

・日本とあなたの国の公共交通機関について②(CA調査結果)
https://gmc.nikkei-r.co.jp/features/column_detail/id=998

・カンボジアで年1000万円稼ぐ屋台のおばちゃん
https://gmc.nikkei-r.co.jp/features/overseas_detail/id=1031

・インドネシアで塩卵ブーム再来?
https://gmc.nikkei-r.co.jp/features/overseas_detail/id=1030

日経リサーチ

株式会社日経リサーチ 国際調査本部

全世界40か国以上での調査実績から貴社の国際戦略をサポート。各国生活者の知見や海外調査のハンドリングノウハウで、最適なマーケティングリサーチをご提案・実施いたします。

 
PAGETOP