トップ  >   プログラム  >   アカデミック

プログラム|特別講義 -専門家に聞く-

 
  • 開発途上国への参入戦略:決断すべき時は?

    岡田 正大|慶應義塾大学大学院 経営管理研究科 教授

    地球上の70億人市場を所得階層に応じて大きく3つに分けると、以下のようになる。地球総人口に対しての割合1人当たり年間消費消費総額先進国および他諸国の高所得層市場約5%$20,000超約2,......

    アカデミック|グローバル|グローバル|2014年03月13日

  • ミャンマーなどの新・新興国で求められるビジネス力 ~制度の隙間への対応力~

    牧野 成史|香港中文大学ビジネススクール教授、マネジメント学科長

    大和総研によると2011年度の日本のアジア向け直接投資は前年度に比べ64%増加し、過去最大の31.2兆円に達した。これを国別で見ると前年度比で、インドネシア向け7倍、タイ向け3倍、ベトナム......

    アカデミック|アジア・オセアニア|ミャンマー|2013年12月26日

  • 米国市場におけるeマーケティングのイノベーション―オンライン・チケット・ビジネスの最前線(パート2)

    高田 博和|ニューヨーク市立大学経営大学院(バルーク・カレッジ)教授

    先回は、米国市場に於けるeマーケティングのイノベーションとしてオンライン・チケット・ビジネスの最前線をテーマにその概要を紹介し、B2Cのモデルを遂行しているチケットマスター社の戦略を分析し......

    アカデミック|北中南米|米国|2013年10月11日

  • 米国市場におけるeマーケティングのイノベーション―オンライン・チケット・ビジネスの最前線(パート1)―

    高田 博和|ニューヨーク市立大学経営大学院(バルーク・カレッジ)教授

    2020年夏季五輪大会の開催都市に、ブエノスアイレスのIOC委員会で東京が大差で選ばれた。汚染水の問題で苦戦を強いられるのではないか、という当初の予想を覆した。大会運営能力の高さ、財政力、......

    アカデミック|北中南米|米国|2013年10月10日

  • アジア最前線のビジネススクールの現場から -日本のビジネスマンに求められるグローバルコミュニケーション力とは

    高田 博和|ニューヨーク市立大学経営大学院(バルーク・カレッジ)教授

    アベノミクスによりデフレ経済からの脱却を図り活性化している日本経済については、マンハッタンのビジネススクールでも今後どのような展開をみせるのか、ホットな話題になっている。他国の景気といえど......

    アカデミック|欧州・ロシア・CIS|米国|2013年06月20日

  • 平均値から分散の視点へ ― 実証と実感の溝を埋めるために ―

    牧野 成史|香港中文大学ビジネススクール教授、マネジメント学科長

    企業行動の実証研究を行う際、多くの研究者は、サンプルのサイズが大きくなるにつれて、観測されたイベントの平均が正規分布に従うという仮定をごく自然に受け入れている。正規分布の成り立つ世界では、......

    アカデミック|グローバル|グローバル|2013年03月28日

  • 国際関係と国際ビジネス

    牧野 成史|香港中文大学ビジネススクール教授、マネジメント学科長

    2012年の後半、日本、中国、韓国など東アジアの有力国の指導者層が刷新された。11月には習近平氏が中国共産党中央委員会総書記に選出され中華人民共和国の最高指導者の地位に就いた。続く12月、......

    アカデミック|グローバル|グローバル|2013年01月16日

  • グローバル市場におけるサバイバル戦略-2

    高田 博和|ニューヨーク市立大学経営大学院(バルーク・カレッジ)教授

     ニューヨーク・ニュージャージー州を中心とした米東部に10月29日から30日にかけ、巨大なハリケーンが直撃し多数の犠牲者をだした。日本のメディアでも幅広く報道されたのでご存知の方も多いと思......

    アカデミック|北中南米|米国|2012年12月21日

  • 良い撤退・悪い撤退

    牧野 成史|香港中文大学ビジネススクール教授、マネジメント学科長

     新興国への投資は増加傾向にあるが、その一方撤退する企業も多い。経済産業省の調査(2011年度海外事業活動基本調査)によると、2010年の日系企業の撤退比率は2005年と比べて北米向け17......

    アカデミック|グローバル|グローバル|2012年11月26日

  • 新興国で勝つ企業

    牧野 成史|香港中文大学ビジネススクール教授、マネジメント学科長

     新興国がグローバル経済に果たす役割が年々拡大している。大和総研によると2011年度の日本のアジア向け直接投資は前年度に比べ64%増加し過去最大の31.2兆円に達した。国別で見るとインドネ......

    アカデミック|グローバル|グローバル|2012年10月31日

 

PAGETOP