トップ  >   プログラム  >   特別講義 -専門家に聞く-

プログラム|特別講義 -専門家に聞く-

 
  • アフリカ原体験―ケニアと日本に虹を架けるきっかけ―

    坂田 泉|一般社団法人OSAジャパン(会長)・建築家

    私は「虹プロジェクト」の名の下、「日本のタネをケニアでカタチに」をモットーに、日本の幾つかの企業と組んで、日本とケニアの間に虹を架けるような仕事を目指している。この連載では、ケニアで進行中......

    グローバル生活者|中東・アフリカ|ケニア|2014年03月27日

  • 開発途上国への参入戦略:決断すべき時は?

    岡田 正大|慶應義塾大学大学院 経営管理研究科 教授

    地球上の70億人市場を所得階層に応じて大きく3つに分けると、以下のようになる。地球総人口に対しての割合1人当たり年間消費消費総額先進国および他諸国の高所得層市場約5%$20,000超約2,......

    アカデミック|グローバル|グローバル|2014年03月13日

  • グローバルコンプライアンスにおける「サードパーティ・リスク対応」という新しい視点

    武藤 佳昭|弁護士(日本及び米国ニューヨーク州) ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)代表パートナー

    今回は、グローバルリーガルリスクマネジメントの新たな視点として、「サードパーティリスク」という発想を取り上げてみたい。

    グローバルマネージメント|グローバル|グローバル|2014年02月20日

  • 米国、ブラジル、ロシアが上向き、東南アジアは悲観的観測

    日経リサーチ

    日経リサーチが2014年1月に実施した「世界暮らし向きDI」調査では、明暗が大きく分かれた。現在のDIが前回調査(2013年10月)より改善したのは米国、ブラジル、ロシアの3カ国。それぞれ......

    世界暮らし向きDI|グローバル|グローバル|2014年02月06日

  • フィリピン:独自の切り口でアセアン域内での差別化を図る

    中村  有希|ビジネスプロデューサー(シンガポール・アジア新興国)

    成長市場として注目が高まるアセアン。国内市場の成長性ではインドネシア、自動車産業で既に日本企業のアジア拠点となっているタイ、手付かずのフロンティアマーケットとして近年特に注目が高まるミャン......

    ビジネス全般|アジア・オセアニア|フィリピン|2014年01月30日

  • 中国メディアのみるアフリカ市場

    宮田 将士|普千(上海)商務諮詢有限公司(董事総経理)

    日本の首相としては8年ぶりとなる安倍首相の訪問や中国の王毅外相の歴訪で大きく注目されているアフリカ。前回、中国メディアのミャンマー市場に関する報道を取り上げたが(中国企業のミャンマー進出動......

    グローバル生活者|アジア・オセアニア|中国|2014年01月14日

  • ミャンマーなどの新・新興国で求められるビジネス力 ~制度の隙間への対応力~

    牧野 成史|香港中文大学ビジネススクール教授、マネジメント学科長

    大和総研によると2011年度の日本のアジア向け直接投資は前年度に比べ64%増加し、過去最大の31.2兆円に達した。これを国別で見ると前年度比で、インドネシア向け7倍、タイ向け3倍、ベトナム......

    アカデミック|アジア・オセアニア|ミャンマー|2013年12月26日

  • 日本企業の海外展開を支えるリーガルサービスの現状と今後

    武藤 佳昭|弁護士(日本及び米国ニューヨーク州) ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)代表パートナー

    今回は、私を含めた日本の弁護士が、どのように日本企業の海外事業をサポートできるのか、また、海外ビジネスを健全に伸ばし、これを国内事業に匹敵する安定的収益の基軸とするために、どのようなリーガ......

    グローバルマネージメント|グローバル|グローバル|2013年12月19日

  • プノンペンの若者の『流行』

    仲井 あすか|株式会社日経リサーチ 国際調査本部 国際ソリューション第1部

    プノンペンの若者の消費意識を明らかにするため、2013年10月14日にグループインタビューを実施した。対象者は世帯月収300USD以上の25~34歳6名。プノンペンでは多くの人が23~25......

    グローバル生活者|アジア・オセアニア|カンボジア|2013年12月05日

  • インド成長過程における日本との比較 ~プロジェクトシャクティとヤクルトレディ~

    中村  有希|ビジネスプロデューサー(シンガポール・アジア新興国)

    インドは経済成長著しいBRICsの一員として注目を集めてから10年強となるが、インフラ整備の立ち遅れや外資規制等の課題から、潜在成長力を発揮しきれていない感が否めない。今回は成長過程におけ......

    ビジネス全般|アジア・オセアニア|インド|2013年11月21日

 

PAGETOP