トップ  >   プログラム  >   特別講義 -専門家に聞く-

プログラム|特別講義 -専門家に聞く-

 
  • 中国におけるキャンペーンのエリア比較

    宮田 将士|普千(上海)商務諮詢有限公司(董事総経理)

    中国では、多くの企業が日々様々なキャンペーンやプロモーション、イベントを実施している。弊社の中国キャンペーン事例データベースCCampで収録されている主なものだけでも2014年上半期で2,......

    グローバル生活者|アジア・オセアニア|中国|2014年08月21日

  • 米露は下落するも、各国上昇基調 タイと英国の好調さ目立つ

    日経リサーチ

    今回7月の調査では、現在の暮らし向きDIが米国とロシアを除く7カ国で前回4月調査より上昇した。5月末のクーデター後、デモなどが落ち着きを見せたタイは16ポイントの上昇となり、3カ月後の暮ら......

    世界暮らし向きDI|グローバル|グローバル|2014年08月14日

  • 国際商事仲裁における「ディスカバリー」*・・・エマージング諸国ビジネスにおける案件情報管理の盲点

    武藤 佳昭|弁護士(日本及び米国ニューヨーク州) ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)代表パートナー

    *ディスカバリーとは、訴訟における証拠開示制度のことをいい、当事者の請求によって争点に関連性のある情報や資料の提出が義務付けられる。特に米国の民事訴訟制度では、争点を明確化するために必要な......

    グローバルマネージメント|グローバル|グローバル|2014年07月24日

  • 再びナンバーワンを目指す戦略:新興国での競争と戦略的意図

    岡田 正大|慶應義塾大学大学院 経営管理研究科 教授

    「戦いに降伏した企業に我々が共通に見出したのは、大胆で英雄的なゴール、これまでの経営計画や既存資源の枠を超えるゴール、そしてそれらに果敢にコミットする勇気が欠落した経営幹部の存在である。」......

    アカデミック|グローバル|グローバル|2014年07月10日

  • 2020年へ向けた日本企業のグローバル戦略

    石原 昇|国際経営コンサルタント サイコム・ブレインズ監査役

    上場企業の2013年度の決算が出揃った。アベノミクスによる円高是正や消費税アップ前の駆け込み需要もあり、業績は総じて好調だ。ただ新年度の計画をみると、一様に増収増益とはなっていない。今回も......

    ビジネス全般|アジア・オセアニア|日本|2014年07月03日

  • 新興国進出と日本企業の課題

    佐々木 亮輔|PwCコンサルティング合同会社 組織人事・チェンジマネジメント パートナー

    アジア新興国へ進出する日本企業の勢いは続いている。ただし、以前は安価な労働力を基盤とした生産基地を目的とした進出が主流だったが、今は市場そのものとしての価値が特段に上がっている。事実、サー......

    グローバルマネージメント|グローバル|グローバル|2014年06月19日

  • アフリカへ、再び―日本のタネをケニアでカタチに―

    坂田 泉|一般社団法人OSAジャパン(会長)・建築家

    2010年8月16日。アフリカでの「宿題」を心に抱えたまま建築設計事務所に復職していた私は、ちょうどお盆休みこの日、自宅のソファで何気なく広げたある日刊紙の特集記事に目を奪われた。そのタイ......

    ビジネス全般|中東・アフリカ|ケニア|2014年06月05日

  • 中国で苦戦する日本車と消費者の評価

    宮田 将士|普千(上海)商務諮詢有限公司(董事総経理)

    衝撃的な反日暴動から約1年半が経ち、日中関係は依然として予断を許さない状況が続くものの、庶民レベルでの反日的な空気は以前に比べると落ちつき始めている。実際、中国人の日本旅行人気は非常に高く......

    グローバル生活者|アジア・オセアニア|中国|2014年05月22日

  • グローバルコンプライアンスにおける「サードパーティリスク」対応のポイント

    武藤 佳昭|弁護士(日本及び米国ニューヨーク州) ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)代表パートナー

    前回に引き続き、グローバルリーガルリスクマネジメントにおける「サードパーティリスク」という新たな視点について、今回は対応のポイントを取り上げてみたい。

    グローバルマネージメント|グローバル|グローバル|2014年05月09日

  • インド、中国は好調を維持、ブラジル、タイは大幅な落ち込み

    日経リサーチ

    日経リサーチが2014年4月に実施した「世界暮らし向きDI」調査は、現在の暮らし向きDIに下落が目立つ結果となった。インドと中国は前回調査(2014年1月)に続き80ポイントを超したが、そ......

    世界暮らし向きDI|グローバル|グローバル|2014年05月01日

 

PAGETOP