トップ  >   プログラム  >   特別講義 -専門家に聞く-

プログラム|特別講義 -専門家に聞く-

 
  • ケニアにおける環境関連プロジェクトの紹介ーその2

    坂田 泉|一般社団法人OSAジャパン(会長)・建築家

    今回からは、「日本のタネをケニアでカタチに」という私たちの方法が具体的にどのようなことなのか、「インフラフリー・ユニット」プロジェクトを例に、これまでの現地の動きを追いながら、ご紹介します。

    ビジネス全般|中東・アフリカ|ケニア|2014年11月27日

  • シンガポールの差別化戦略(第一回):ホームストラテジー

    中村  有希|ビジネスプロデューサー(シンガポール・アジア新興国)

    外務省によると、シンガポールは人口約540万人の小さな国だが、一人当たりGDPは約US$52,000と東南アジアでは突出して豊かな国だ。1965年の建国から僅か49年で急成長を遂げてきたが......

    ビジネス全般|アジア・オセアニア|シンガポール|2014年11月13日

  • 米国が好調、英印も過去最高更新。中タイは大幅下落も3カ月後は改善見込む

    日経リサーチ

    日経リサーチが2014年10月に実施した第6回「世界暮らし向きDI」調査によると、現在の暮らし向きDIは堅調な景気回復が続く米国が前回(7月)から16ポイント上昇して74と、初めて70台に......

    世界暮らし向きDI|グローバル|グローバル|2014年11月06日

  • 海外展開ビジネスにおけるリスク対応の基本 ―「間接的海外進出」の盲点(前編)

    武藤 佳昭|弁護士(日本及び米国ニューヨーク州) ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)代表パートナー

    日本企業の海外事業については、大きく分けて、海外の取引先とモノやサービスの売り買いをする海外貿易と、海外に討って出て自社拠点を設けて自ら現地でのビジネスを行う直接投資という2つの分類がある......

    アカデミック|グローバル|グローバル|2014年10月30日

  • 事業の社会性が持つ意義とは

    岡田 正大|慶應義塾大学大学院 経営管理研究科 教授

    地球上(の社会)にはきわめて多様なニーズ(欲求・必要性)がある。企業は、社会にあまた存在するニーズの中でも、人(または組織)と人(または組織)が製品やサービスと金銭を納得して交換する市場メ......

    アカデミック|グローバル|グローバル|2014年09月18日

  • ケニアにおける環境関連プロジェクトの紹介―その1

    坂田 泉|一般社団法人OSAジャパン(会長)・建築家

    前回までご紹介してきたように、一般社団法人OSAジャパンは、日本とケニアに拠点を有するメリットを活かし、「日本のタネをケニアでカタチに」をモットーに、日本企業の持つ優れた技術、プロダクトの......

    ビジネス全般|中東・アフリカ|ケニア|2014年09月04日

  • 中国におけるキャンペーンのエリア比較

    宮田 将士|普千(上海)商務諮詢有限公司(董事総経理)

    中国では、多くの企業が日々様々なキャンペーンやプロモーション、イベントを実施している。弊社の中国キャンペーン事例データベースCCampで収録されている主なものだけでも2014年上半期で2,......

    グローバル生活者|アジア・オセアニア|中国|2014年08月21日

  • 米露は下落するも、各国上昇基調 タイと英国の好調さ目立つ

    日経リサーチ

    今回7月の調査では、現在の暮らし向きDIが米国とロシアを除く7カ国で前回4月調査より上昇した。5月末のクーデター後、デモなどが落ち着きを見せたタイは16ポイントの上昇となり、3カ月後の暮ら......

    世界暮らし向きDI|グローバル|グローバル|2014年08月14日

  • 国際商事仲裁における「ディスカバリー」*・・・エマージング諸国ビジネスにおける案件情報管理の盲点

    武藤 佳昭|弁護士(日本及び米国ニューヨーク州) ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)代表パートナー

    *ディスカバリーとは、訴訟における証拠開示制度のことをいい、当事者の請求によって争点に関連性のある情報や資料の提出が義務付けられる。特に米国の民事訴訟制度では、争点を明確化するために必要な......

    グローバルマネージメント|グローバル|グローバル|2014年07月24日

  • 再びナンバーワンを目指す戦略:新興国での競争と戦略的意図

    岡田 正大|慶應義塾大学大学院 経営管理研究科 教授

    「戦いに降伏した企業に我々が共通に見出したのは、大胆で英雄的なゴール、これまでの経営計画や既存資源の枠を超えるゴール、そしてそれらに果敢にコミットする勇気が欠落した経営幹部の存在である。」......

    アカデミック|グローバル|グローバル|2014年07月10日

 

PAGETOP